建設現場事務…
聞いたことはあるけど、よくわからない。
そんな方のために仕事内容や魅力などをお伝えします!

現場事務のお仕事を探す>>
まずはプレ登録する>>

建設現場事務のお仕事って?

働く場所は建設現場になります。
建設現場と言っても大規模な再開発や、話題の競技場もあれば、
高速道路や道をつなげる橋やトンネルなど様々です。

そんな建設現場がスムーズにまわるようサポートする事務のお仕事が建設現場事務です。

現場事務所を一つの会社と例えるなら、
所長(=社長)のもとで秘書・総務・経理等のあらゆる業務を担当します。
具体的には
建設関連のあらゆる書類の作成や設計図面の管理、ファイリング、経理業務、電話・来客対応
備品発注、パソコンの管理、時にはお弁当の手配など。
業務は幅広いので、事務デビューの方や経験の幅を広げたい方にもオススメ!

ある一日の仕事の流れ

職場環境

建設現場事務所というとプレハブを想像されるかもしれませんがそれだけではありません!
一般のオフィスと変わらない綺麗な事務所もあります。
女性の更衣室や休憩室のあるところも!
人数も数名から100名規模のところまで様々です。
男性ばかりのイメージがありますが、女性スタッフも多数活躍中!
積極的に女性の意見を取り入れていく建設現場が増えています。

アクトでは大手ゼネコンの建設現場が多く、また現場の雰囲気や環境も事前にお伝えしておりますので現場が初めての方でも安心です。

建設現場事務の魅力

○一体感○
建設現場は工期内の完成を目指しています。
同じ目標に向かい仕事を進めているので、
一体感は大きく、やりがいを感じているスタッフもいます。

○建設現場ならではの経験○
建設工事が進んでいる実感ができます。
現場事務のお仕事は工事を進めるうえでなくてはならない存在!
工事が完成したときの感動は関わってきた人たちにしか味わえません。

○未経験OKのお仕事も○
幅広い業務のある現場事務。
そのため事務未経験の方でも、接客などの経験を活かして
備品管理などの細々とした庶務の仕事で活躍しています。
縁の下の力持ちのような存在で職場を支えたい。
そんな気持ちがあれば活躍できます。

現場事務のお仕事を探す>>
まずはプレ登録する>>